CONTENTS

現代的なシステムリスク

現代は、デジタル時代でもあるでしょう。
インターネットが浸透し、生活に至る所に、コンピュータが関わっています。
種々の情報も、コンピュータに蓄積され、個人でも法人でも、コンピュータがあることで、生活が成り立っていると言っても、過言ではないようです。
しかし、コンピュータは機械であり、完璧なものではありません。
そこには、リスクが伴い、それをできるだけ回避するような努力が必要でしょう。
実は、現在のFXでは、こういうコンピュータに伴うリスクがあり、それがシステムリスクと言われているものです。
たとえば、市場を支えているサーバなどに障害あり、注文できなかったとします。
投資家としては、収益が見込めると思っていながらも、注文が取り消しとなり、復旧後に、市場の流れが変わっていたとすれば、収益を得ることができなくなります。
あるいは、注文がすでにさていたのに、それがキャンセル扱いとなり、損失を被るということもあるでしょう。
先頃も、FXではないですが、取引所のサーバに障害があり、半日程度取引が止まってしまいました。
こういうケースが発生する可能性があるのが、現代でもあります。
障害の原因は、機械そのものであったり、あるいは、外からの妨害のようなものもあります。
内からも外からも、きちんと管理をすることが、市場を運営する関係者には、求められているようです。
もっとも、システムリスクを広義に取れば、主催者だけの問題ではありません。
投資家が使っているパソコン、あるいは、プロバイダのサーバなども含まれます。
インターネット取引が主流となった今日の投資では、FXも含め、こういうシステムリスクを十分鑑みながら、行っていくべきなのでしょう。

Copyright 2018 店頭と取引所が運営 All Rights Reserved.