CONTENTS

個人にはレバレッジ規制

現在、EU加盟国の中で、債務危機に陥っている国々があります。
そのため、ユーロの価値が落ち、円高がさらに加速している状況でもあります。
遠因は、2008年の世界金融危機と言われ、数年余り経った後でも、EU圏内では、大きな影響があるようです。
ユーロの存廃論もあり、創設から初めての危機であるとも言えるでしょう。
日本でも、世界金融危機の影響がありましたが、EU程、長引いた影響はないようです。
しかし、FXにおいては、大きな変化があったようです。
それがレバレッジ規制です。
2010年に完全施行されましたが、今では、個人投資家であれば、レバレッジが25倍までしか利用できません。
かつては、100倍というものがあり、取引も、あるいは、利益や損失も、100倍で換算されます。
世界金融危機の要因が、金融市場でもあり、投機が要因とも見られています。
大手証券会社の破たんが直接の原因ですが、大量の不良債権を抱えたことが、破たんの大きな原因となったようです。
その不良債権が、アメリカの不動産バブルに伴うものだったらしく、投資を投機に変えたことからのようです。
このため、日本では、FXに投機になる要因があるため、監督官庁が実施したとも言えるでしょう。
当初は、市場の活気がなくなるということで、業界関係者の間でも、賛否両論あったようです。
しかも、アメリカ発の世界金融危機は、金融機関の不良債権であり、個人投資家には関係ないとも言えます。
しかし、個人投資家は、仮に大きな損失をすれば、再生できる方法に限りがあると言えます。
逆に規制をすることで、個人投資家を保護していると見なすこともできるでしょう。
25倍と100倍であれば、かなりの違いありますが、それでも25倍まで、取引可能ということは、大きな数字のようにも思います。
いずれにせよ、レバレッジ規制があるため、FXを行う個人投資家は、重々理解しておくべきことでしょう。

Copyright 2018 店頭と取引所が運営 All Rights Reserved.